HOME>記事一覧>道路や鉄道造りには欠かせない橋梁工事!専門業者に依頼しよう

橋梁の工事内容について

橋梁(きょうりょう)工事とは、橋や鉄橋など、両岸に道路や鉄道を受け渡すために、なにかしらの建造物を設置する工事のことです。橋梁工事は、大きく分けて土台部分や橋脚を組み上げる下部工と、そのうえに道路などの舗装を行う上部工の2つに分けられます。

橋梁工事の工法の種類にはどんなのがある?

工事現場

トラッククレーンベント工法

数ある橋梁工事の工法のなかで、おそらくもっともポピュラーで施工例としても多いのが、このトラッククレーンベント工法です。上部工をベントで支えたうえで、移動式クレーンを用いて橋を架け渡していく工法で、比較的、低コストで工事期間も短いというメリットがある工法です。

送り出し工法

送り出し工法は、何らかの理由で現地にベントを設置するのが困難な場合に多く用いられる工法です。自走台車を用いて、それを送り出すことによって橋を架け渡していきます。工事を開始する前に、架設した際の強度などしっかりとした調査と検討をすることが必要な工法です。

トラベラークレーンベント工法

トラベラークレーンベント工法は、規模の大きい河川など、橋梁の下にトラッククレーンを搬入することができない状況下での橋梁工事でよく用いられる工法です。トラベラークレーンが移動できる設備を設置して、その上でトラベラークレーンを使って工事を進めていきます。

道路や鉄道造りには欠かせない橋梁工事!専門業者に依頼しよう

工事現場

専門業者への依頼方法と流れ

橋梁工事は専門的な知識と機材が必要な工事です。また、規模が大きくなることも多く、それ相応の会社に依頼する必要があります。橋梁工事を依頼する際には、まず専門業者に現地を見てもらったうえで、最適な工法の提案と、見積もりを出してもらいましょう。見積もりに双方合意できた場合は、工事開始という流れになります。